新鮮な環境の中で情報交換が出来る

研修

夏休みなど長期連休にゼミ合宿が行われる場合があります。このゼミ合宿とは大学のゼミ生や教授達が集まり合宿をしながら情報交換や参加者同士の意見交換など様々なことが行われるでしょう。あくまでも任意参加になるので出たくなければ出ないことも出来ますが、せっかくの夏休みをこのゼミ合宿に参加して有効活用することをおすすめします。なぜおすすめなのかというと、まず普段とは違った環境の中でゼミ生同士、また教授と交流を図ることが出来ます。合宿地も県外など遠方の場合も多く、新鮮な環境の中でより親睦を図ることが出来るのではないでしょうか。またプレゼンテーションやディスカッションなど行い、より自分の知識を高めることが出来たり、刺激をもらうことも出来るでしょう。

たくさんの意見を吸収し積極的に参加しよう

はじめてゼミ合宿に参加する場合、不安もあるかもしれませんが参加してみるときっと充実感を得ることが出来るのではないでしょうか。普段なかなか交流することが出来ない人と話をしたり情報交換をしたりすることが出来るのも魅力の一つです。参加することで自分の勉強の成果を発表したり意見を出すことも出来るので、ぜひ積極的に参加することをおすすめします。また、自分の主張に対して様々な意見が寄せられる場合があります。全てが肯定的な意見ではなく、中には否定的な意見が出る場合もあるかもしれません。その場合でも落ち込んでしまったりするのではなく、そういった否定的な意見もあると考えることで柔軟なものの考え方を身につけることが出来るでしょう。たくさんの人がいるのですからたくさんの意見があるのが当たり前です。まずは自分の意見を述べ、そして相手の意見にも聞く耳を持つことも大切です。

たくさんの意見を吸収して役立てよう

たくさんの人と交流を図ることでこの人はこんな意見を持っているんだなど新たな発見があるかもしれません。また違った角度からの意見が出たり、これまで自分では気づくことが出来なかったことなど気づかされるかもしれません。ゼミ合宿は任意参加ですから、中には参加するかどうか迷っている人もいるのではないでしょうか。実際に参加をすることで物の考え方が変わったり、自分にとってプラスに働くことは間違いないでしょう。また、遠方に同じゼミ生同士宿泊することで旅行感覚も味わうことが出来るかもしれません。たくさんの意見を吸収し、それを自分の中で理解し役立てることが大切です。意見に流されてしまうのもいけませんが、聞く耳を持たないのも自分自身を成長させることが出来ないでしょう。せっかくの休みを有効活用するためにもゼミ合宿は大変おすすめです。もし参加する機会があるのであれば、ぜひたくさんの仲間たちと充実の時間を過ごしましょう。